オメガ3脂肪酸サプリランキング!おすすめはどれ?

オメガ3脂肪酸サプリランキングおすすめ

オメガ3系脂肪酸不足は子供に悪影響を及ぼす

 

基本的に油というのは、グリセリンの一つであるトリアシルグリセロールに3つの脂肪酸が結合している状態になっています。そして、体の中に入った油は、脂肪酸とグリセリンに分解されてから取り込まれることになるのです。

 

なお、脂肪酸というのは、複数の種類が存在しており、その種類によって働きも違っています。また、特長によっても脂肪酸の種類が分類されており、大きく分けると飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分かれています。

 

水素と炭素によって脂肪酸が構成されているのですが、炭素同士が結びついていないのであれば飽和脂肪酸と呼ばれ、結びついているものは不飽和脂肪酸と呼ばれることになります。飽和脂肪酸というのは、血液などに溶けにくい働きを持っており、動物性脂質に多いという特性があります。反対に不飽和脂肪酸は、魚油や植物油に多く含まれているという特徴があります。

 

そして、不飽和脂肪酸はオメガ3系、オメガ6系、オメガ9系があるのですが、この中で特に重要で不足している人が多いのが、オメガ3系脂肪酸となっています。オメガ3系脂肪酸として分類されている成分というのはどのようなものがあるのでしょうか?代表的なものとして、EPAやDHA、そしてαリノレン酸があります。

 

EPAやDHAは青魚に多く含まれており、αリノレン酸は、しそ油やごま油などに含まれています。生存をしていくためには、オメガ3系脂肪酸が不可欠になっているのですが、人間は合成をすることが出来ない成分になっています。ですので、魚などから積極的に補っていかなくてはならないのです。このオメガ3系脂肪酸が足りていない状態になってしまっていると、色々な弊害が生まれてしまう可能性が高くなります。

 

例えば、ガンや喘息、皮膚炎、アトピー、うつ病、関節痛なども、オメガ3系脂肪酸が不足してしまっていることでひきおこされてしまうこともあります。また、退治や赤ちゃんにもオメガ3系脂肪酸はとても重要になっており、足りない状態になってしまっていると、ハイパーアクティブ障害や注意力散漫などといった問題が生じやすくなってしまうのです。

 

 

オメガ3脂肪酸はコレステロール値を低下させてくれる

 

植物性脂肪というのは、常温でも凝固しませんから、体の中に取り込まれても固まることがありません。このような特徴があるため、血液をサラサラの状態にして血液の循環を促進させやすくなっています。これは、植物性脂肪というのは、不飽和脂肪酸といわれる脂肪酸が多く含まれているからなのです。

 

不飽和脂肪酸でも、多価不飽和脂肪酸と一価不飽和脂肪酸に分かれています。まず一価不飽和脂肪酸というのは、オリーブオイルなどに含まれているオレイン酸が代表的になっており、血液中を漂っている悪玉コレステロールを減らす働きが期待できるといわれています。

 

次に多価不飽和脂肪酸は、オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸に分類されます。まず、オメガ6脂肪酸というのは、一般でもおなじみのひまわり油やコーン油に多く含まれている脂肪酸になっています。

 

このオメガ6脂肪酸もコレステロールを低下させる働きを持っているのですが、リノール酸といわれる成分が善玉コレステロールも悪玉コレステロールと一緒に排除してしまいます。ですので、オメガ6脂肪酸は過剰摂取しないようにしなくてはならないとされているのです。

 

最近、健康番組でも紹介されてきているオメガ3脂肪酸というのは、青魚のマグロやイワシ、アジなどに含まれています。サプリメント似配合されている成分として有名なEPAやDHAといわれる成分がありますが、この二つの成分もオメガ3脂肪酸に分類されているのです。

 

オメガ3脂肪酸も悪玉コレステロールを減らしてくれるだけではなく、動脈硬化予防や中性脂肪値の低下などといった色々な働きがあることが分かっているのです。さらに脳の働きを活発にしたり、集中力や記憶力の向上も期待できるということで、高齢者や親御さんの間でも注目されてきているのです。

 

オメガ3脂肪酸が含まれているものとして、他にも菜種油やごま油、しそ油などもあります。このオメガ3脂肪酸に分類されているαリノレン酸というのは、うつ病やアレルギーなどの症状も改善することが期待できるといわれていますさらに心疾患や血管系の病気の対策も期待できるとされています。

 

このオメガ3脂肪酸は、植物系油に含まれていることが多いですので、調理やドレッシングなどで活用するようにすれば、効率よくオメガ3脂肪酸を摂取することも可能になるでしょう。特に普段肉ばかりを食べているという人は、オメガ3脂肪酸が不足してしまっている可能性が高いですので、積極的に良質な植物油や青魚を口にするようにしましょう。

 

うつの症状にオメガ3系脂肪酸が良い?

 

人間が生きるためには脂質は絶対に必要な栄養素に成っています。例えば細胞の周囲には細胞膜といわれる壁があるのですが、この細胞膜やホルモンを作り出すためにも資質が必要になっています。

 

さらに脳の大部分も脂質によって構成されているのです。だからといって、過剰に脂質を摂取してしまっていると高脂血症や動脈硬化、メタボなどといった症状の原因になってしまいます。反対に不足してしまっていると、エネルギーを作り出すことができなくなってしまいますので、適度に脂質を摂取していくようにしなくてはなりません。

 

脂質を適度に摂取することによって、コレステロール値を減らすことができるようになるだけではなく、皮膚炎やアレルギーの改善や動脈硬化や心臓病の予防などをしていくことも可能になるのです。

 

この脂質というのは、種類がたくさんあります。普段から食事として、脂肪酸を摂取しているのですが、この脂肪酸でも過剰摂取してしまいやすいものもあれば、反対に足りなくなってしまっているものもあります。ですので、脂肪酸を摂取するバランスについても考えるようにしていかなくてはなりません。

 

食事などで摂取している脂肪酸は、不飽和脂肪酸と飽和脂肪酸に分かれています。なおかつ、不飽和脂肪酸は多価不飽和脂肪酸と一価不飽和脂肪酸があります。そして、多価不飽和脂肪酸は、オメガ6系脂肪酸とオメガ3系脂肪酸に分類されており、体の中で合成ができないため必須脂肪酸とも呼ばれています。

 

このオメガ3系脂肪酸は、食事でも十分に摂取することができていない人がとても多いです。マグロやサバなどのような青魚や胡桃、エゴマ油、しそ油などに、オメガ3のサプリメント系脂肪酸が含まれています。

 

このオメガ3系脂肪酸をしっかり摂取することで、体内の悪玉コレステロールを減らすことができるようになり、反対に善玉コレステロールを増加させていくことができるのです。また、脳の働きも向上しやすいですから、集中力も記憶力も高まりやすいですし、精神不安定や欝の症状などを改善しやすくすることも可能だとされています。

 

色々な原因でうつ病になってしまうのですが、その一員として考えられているのが栄養不足です。オメガ3系脂肪酸が不足してしまっていて、脳に問題が生じてしまってうつ病の症状が出てしまうという事例もあるのです。うつ病やうつ病ではなくイライラ緘や精神不安定などに悩んでいるのであれば、オメガ3系脂肪酸を積極的に摂取してみるのもいいかもしれません。

 

糖尿病予防に有効な運動

 

糖尿病を予防するために必要なのは、規則正しい食生活と、それに加えての運動習慣です。運動が必要な理由は、筋肉を落とさないことが大切であるからです。私たちの筋肉は、運動をしないとだんだんと衰えていってしまいます。しかし、脂肪は変わらず残るため、体重は少ないのに脂肪が多い状態となります。この状態を「かくれ肥満」と呼びます

かくれ肥満になると、何もしなくとも消費するエネルギー量、すなわち基礎代謝が減少してしまいます。基礎代謝が減少している状態だと、食事によって取り入れたエネルギーを消費する量も少なくなり、余ったエネルギーが、脂肪として体内に蓄積されやすくなります。体内の脂肪量が増加すると、その分中性脂肪も増加します。

 

こういった状態になると、糖尿病になる可能性も高くなります。さらに、インスリンと呼ばれる膵臓から分泌されるホルモンも、その効き目が悪化していきます。そのため、運動不足は糖尿病を引き起こす原因の1つであると言われているのです。

 

それでは、糖尿病予防に効果的な運動とは、具体的にどのようなものでしょうか。それは、比較的緩めの運動です。筋力トレーニングのようなきつい運動よりも、水泳、サイクリング、ウォーキングといった運動がおすすめです。こういった運動は有酸素運動と呼ばれています。糖尿 サプリでの有酸素運動には、脂肪をエネルギーとして燃焼させる効果があります。

 

ただ、運動にあまり乗り気になれなかったり、そのための時間をわざわざ確保するのは難しい、という方もいるのではないかと思います。そういった場合は、ちょっとした工夫を日常生活の中で積み重ねるようにするのがおすすめです。外を歩く際はいつもよりやや早歩き気味にする、エレベーターやエスカレータではなく階段を使用する、外出のときは一駅分余計に歩いてみる、といったことをしてみましょう。

 

これらには、有酸素運動のような効果が期待できます。また、テレビを見たり音楽を聴いたりしながら軽くストレッチする、といった習慣をつけるのも良いでしょう。日常生活の中で少しでも運動をするように気を配り、糖尿病を上手に予防しましょう。